TOEIC800点を取るための勉強法|実際に855点をとった方法を紹介

パソコンにインプットされている

・TOEIC800点ってどんなレベル?
・どれくらい勉強したらTOEIC800点を取れるか知りたい
・最短でTOEIC800点を取る方法は?


この記事を読むとこんな悩みを解決することができます。

本記事の内容

  • TOEIC800点のレベル
  • TOEIC800点までの勉強法


この記事を読めば「TOEIC800点のレベル」「TOEIC800点の勉強法」知ることができ、あなたも同じ勉強をすれば800点取ることができます。


TOEIC800点は一見高い目標に見えますが、正しい勉強法で継続すれば必ず達成することができます。

僕は9ヶ月勉強して、TOEICの点数を300点から855点に伸ばしました。


本記事の信頼性

本記事の信頼性

本記事では、僕が実際に9ヶ月でTOEIC300点から855点にあげた時の経験をもとに解説していきます。



体験談から解説していきますので、結構有益度は高いはず。ぜひ参考にしてみてください。

それでは、「TOEIC800点のレベル」を紹介します。

目次

TOEIC800点のレベル

男性と女性がチェックしてる


まずはTOEIC800点とはどんなレベルかを紹介していきます。先に800点のレベルを知っておくことで、実力をイメージすることができて最短で勉強することができます。

詳しくはこちらの記事で紹介していますが、簡単に紹介していきます。

公開テストTOEICスコア分布
https://www.iibc-global.org/library/default/toeic/official_data/pdf/DAA.pdf



グラフを見てもわかるように400〜600点台の人が一番多く、700点を超えるとぐっと少なくなります。


TOEICで800点取ると上位1割に入ることができるのでTOEIC上位レベルになりますね。


しかもこのグラフはTOEIC公開を受けた人のデータなので、TOEICに対する意識が高い人ばかり。


僕の体感では、TOEIC800点を超えると学校や会社で上位5%くらいに入るイメージです。

TOEIC800点リスニングのレベル


僕が実際に9ヶ月でTOEIC855点を取ったときの、点数配分はリスニング450点、リーディング405点でした。


そのときのリスニングとリーディングのレベルを紹介します。


TOEICが800点を超えたときのリスニングのレベルは、言っていることが9割わかるレベルでした。


実際にPart3や4の長文読解では、ほとんど内容を理解することができました。たまにひっかけの単語や1文聞き取れなくて間違えることがあって、9割の450点を取ることができました。


TOEICにおいてリスニングの点数は、何割聞き取れているかがそのまま点数になると言われています。


実際に僕も500点台の時は、5割くらいしか聞き取れませんでしたし、700点台の時も7割か8割くらいしか聞き取れませんでした。

TOEIC800点リーディングのレベル



TOEIC800点台のときのリーディングのレベルは、「基礎的で簡単な問題は確実に解くことができるが、少しひねってあると解けない」です。


TOEICの中にも簡単な問題と難しい問題がありますが、800点レベルだと簡単な問題はミスなく解けるレベルです。


しかし、ひっかけ問題や上級者でも間違える問題はまだまだ解けません。

TOEICのひっかけ問題はかなり上手く作られてます、、、


また、リスニングに比べて、自分の感覚と点数がかけ離れてしまうのがリーディングです。


8割くらい取れたと思っていても6割しか取れていない時や、逆に5割くらいだと思っていても7割取れている時もあります。

TOEIC800点までの勉強法

勉強している女性



TOEIC800点を目指す勉強法のステップは以下の通り。

STEP
文法書を読み込んで基礎を学ぶ
STEP
TOEIC専用の単語帳を読み込む
STEP
スタディサプリでTOEIC力を身に付ける



これをやれば確実にTOEIC800を取るための力をつけることができます。

それでは1つずつ紹介していきます。

TOEIC800点までの勉強法①:文法書を読み込んで基礎を学ぶ



TOEIC500点未満の場合は圧倒的に英語の基礎力が足りていません。大学受験などで英語が得意だった人は、TOEIC初受験でも500点を超えてきます。


そんな人がちょっとTOEICに慣れればTOEIC700点も射程圏内になります。

僕はセンター試験5割でした。笑



ですので、TOEIC500点未満の人は文法書を読んで英語の基礎から学びましょう。


文法の基礎がわかっていないと、TOEIC問題集の解答をみても理解できないことがよくあります。


わからない文法用語が出てくるたびにつまづいていたら、勉強の効率は下がります。

逆にいえば、英文法の基礎をしっかり抑えてから、TOEICの勉強をすると勉強の吸収率がかなり良くなります。


勉強法は、1ページずつしっかり覚えようとしなくていいので、さらっと流し読みで、2周しましょう。


※TOEIC500点以上の場合は文法からやり直さなくてOKです。勉強STEP3のから始めましょう。

TOEIC800点までの勉強法②:TOEIC専用の単語帳を読み込む


TOEIC500点未満の場合は圧倒的に単語力が足りていません。


TOEIC高得点を取る上で一番重要なのは「単語」です。わからない単語ばかりだと当然問題は解けません。


また、TOEICの問題を解いていて、知らない単語が出てくるたびに覚えていては非効率です。


最初にガツンと覚えて勉強の効率をあげましょう。

ちなみに単語帳は絶対にTOEIC専用のものを使用してください。

なぜなら、TOEICに頻出の単語はおおよそ決まっており、1000〜1500単語程度覚えれば十分だからです。

おすすめの単語帳はこちら。




TOEICの単語の記事はこちらを参考に



少なくても10周くらいすることをおすすめします。※公式問題集や模試に出てくる新しい単語は覚える必要がります。

※こちらもTOEIC500点以上の場合は飛ばしてもOK。次のステップから始めましょう。

TOEIC800点までの勉強法③:スタディサプリでTOEIC力を身に付ける



英語の基礎を身につけたら、あとはTOEICの問題の解き方を学ぶことでTOEIC800点を超えることができます。


現状だと最短でTOEICの点数をあげようとしたら、スタディサプリで勉強するかの1択になります。


僕はTOEIC700点を達成してから「公式問題集」で勉強を続けましたが、なかなかTOEIC800点を超えることができませんでした。


しかし、3ヶ月スタディサプリTOEICコースをやってTOEIC725点から855点に伸ばすことができました。


そのためこの記事では参考書を使っての独学よりもを使って点数を上げる勉強法を紹介します。


詳しい記事はこちら

スタディサプリで勉強


僕がもう1度TOEIC855点を目指すならを利用します。


現在の環境なら最短最速でTOEICの点数を上げたいならスタディサプリ1択です。


独学だとどうしても遠回りしてしまうからです。


しかし、スタディサプリなら動画授業で先生がTOEICの点数をあげるコツを教えてくれます。

実際に僕も3ヶ月利用してTOEICの点数が725点から855点に上がりました。



料金も月額2980円なので、1日に換算すると99円。


正直参考書を買うよりもコスパがいい勉強法です。


スタディサプリの詳しい内容や勉強法の記事はこちらで紹介しています。


| 無料で1週間試す⬇️ |

期間限定で割引キャンペーン実施中

まとめ:TOEIC800点までの勉強法



今回の記事では「TOEIC800点のレベルと勉強法」を紹介しました。


TOEIC800点を目指す勉強法のステップは以下の通り。

STEP
文法書を読み込んで基礎を学ぶ
STEP
TOEIC専用の単語帳を読み込む
STEP
スタディサプリでTOEIC力を身に付ける



TOEIC800点達成に向けて一番大事なのは「行動力」です。正しい勉強法ももちろん重要ですが、行動して、継続しなければTOEIC800点は絶対に達成することができません。


今の環境だったら僕はスタディサプリを使います。


詳細はこちら
👉


おわり。

TOEIC実力診断

自分の実力を知りたかったらこちらのアプリがおすすめ。→

AIから出題される10問ちょっとを解いて±20点の精度でスコアを診断できます。

もちろん無料なので気軽に挑戦してください。

note:おまけにぜひ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる