MENU
プロフィール

小山田雄貴

 もともと英語が苦手なメーカー勤務社会人▶︎TOEIC300→855点▶︎転職経験あり▶︎簿記3級▶︎統計検定3級▶︎Pythonエンジニア認定資格▶︎読書好き▶︎海外旅行好き
お問い合わせ

    TOEIC目標点数の決め方と達成のための勉強法【初心者向け】

    道を歩く女性

    ・TOEICの目標はどうやって立てれば良い?
    ・その目標を達成するための勉強法は?


    この記事を読むとこんな悩みを解決することができます。

    本記事の内容

    • TOEICの目標点数を決める基準
    • TOEIC目標点数を達成するための勉強法



    目標点を決めて勉強すると、TOEICに対する本気度も変わってくるので目標点を決めることは重要です。


    この記事を読み終わる頃には、TOEICの目標点を決めることができて、紹介する勉強法をすることで確実にその目標点を達成することができます。

    僕は目標点を700点に設定して6ヶ月でTOEIC300点から785点まで点数を伸ばしました。



    本記事の信頼性

    本記事の信頼性

    本記事では、僕が実際に9ヶ月でTOEIC300点から855点にあげた時の経験をもとに解説していきます。



    体験談から解説していきますので、結構有益度は高いはず。ぜひ参考にしてみてください。

    それでは、「TOEIC目標点数の決め方と達成のための勉強法」を紹介します。

    目次

    TOEICの目標点数を決める基準

    選択する男性


    TOEICの目標点を決める基準はこちら!

    • 会社の昇格や昇進のため
    • 就活でアピールしたい
    • 英語力を上達したい
    • 英語を使った仕事に就きたい(翻訳や英語の先生)



    それでは1つずつ紹介していきます。

    TOEIC目標点の基準①:会社の昇格や昇進のため



    会社の昇格や昇進のためにTOEICを勉強するなら、目標点は600点にしましょう。


    実際に昇進条件にTOEICを使用(または使用予定)する企業は約60%以上とのデータもあります。


    そして、昇格条件のTOEICの点数の分布は500点〜600点が主流です。


    ちなみに僕の会社は係長に昇格するためにはTOEIC500点が必要です。

    ちょっと低いですね、、笑



    自分の会社ですでに昇格条件の点数が決まっている人は、その点数が目標点数でOK!

    TOEIC目標点の基準②:就職でのアピールにしたい


    就職でTOEICの点数をアピールしたければ、700点以上を目標点にしましょう。


    700点以下だとあまりアピールにはなりません。


    僕もTOEIC785点で就活した結果、どの面接でも褒められ、かなり楽に内定を獲得することができました。


    就活に関するTOEICの記事はこちら

    TOEIC目標点の基準③:英語力を上達したい



    ただ単に英語力の上達をしたくてTOEICの勉強を始めたい人は、700点を目標にしましょう。


    700点以上の点数をとったら、英会話や英検など次の英語学習へ進んだほうがいいです。


    なぜならTOEICは、単語、表現、文法、問題の形式、よく出るフレーズなどがだいたい決まっているからです。


    そのため、限られた範囲の英語しか勉強できません。

    逆言えば点数を取りやすい試験ですよ!


    特に、英語に不可欠なスピーキングとライティングの勉強は全然できないので、短期間でTOEIC700点以上をとって次の英語学習のステップへ進みましょう。

    TOEIC目標点の基準④:英語を使った仕事に就きたい



    英語を使って仕事をしたければ、最低TOEIC800点は必要です。


    特に翻訳の仕事は900点以上が当たり前です。


    先ほども言ったとおりTOEICは出題される英語力が限られているので、英語を使って仕事をしたい人は、最低800点を目標に勉強しましょう。

    TOEIC目標点数を達成するための勉強法

    勉強する男性



    目標点を達成するための勉強法をここでは3つ紹介します。

    • 参考書を使って独学
    • スタディサプリ
    • TOEICスクール



    それでは1つずつ紹介していきます。

    TOEIC目標点を達成する勉強法①:独学   


    基本的に僕は参考書を使った独学でTOEIC300点から785点まで伸ばしました。


    TOEIC700点を越えるために僕が実践した勉強の流れは以下のようになります。

    1. TOEIC専用の単語帳1冊を覚えきる。
    2. TOEIC公式問題集や良問の模試を試験6回分やりきる
    3. 苦手なパートを集中的に鍛える



    この3つだけです。


    3つだけと言っても、公式問題集を使って6回分の模試を1つにつき20回復習してTOEIC目標点の700点を超えることができました。


    もっと詳しい勉強法の記事はこちらで紹介しています。

    TOEIC目標点を達成する勉強法②:スタディサプリ

    スタディサプリ


    僕がもう1度TOEIC855点を目指すならを利用します。


    現在の環境なら最短最速でTOEICの点数を上げたいならスタディサプリ1択です。


    独学だとどうしても遠回りしてしまうからです。


    しかし、スタディサプリなら動画授業で先生がTOEICの点数をあげるコツを教えてくれます。

    実際に僕も3ヶ月利用してTOEICの点数が725点から855点に上がりました。

    実際に僕がスタサプを3ヶ月勉強した体験談はこちら



    しかも料金も月額3278円(税込)なので、1日に換算すると99円。


    正直参考書を買うよりもコスパがいい勉強法です。


    スタディサプリの詳しい内容や勉強法の記事はこちらで紹介しています。

    | 無料で1週間試す⬇️ |

    期間限定で割引キャンペーン実施中

    TOEIC目標点を達成する勉強法③:TOEICスクール  



    どうしても自分で勉強できないという人は、TOEICスクールに通いましょう。


    TOEICスクールに行けば、学習プランや勉強をする時間も考えてくれるので、あなたは言われたとおりひたすら勉強をするだけでいいです。


    料金は高いですが、お金を払うことで自分に「勉強しなくちゃもったいない」という気持ちにすることで強制的に勉強できます。


    特に英語を仕事で使っていきたい人や、お金に余裕がある人はTOEICスクールに通うのも1つの勉強法です。


    おすすめのTOEICスクールはこちら!

    • プログリット
    • ライザップイングリッシュ
    • トライズ


    詳しいTOEICスクールの記事はこちら

    TOEIC目標点数の決め方と達成のための勉強法:まとめ



    今回の記事では「TOEIC目標点数の決め方と達成のための勉強法」を紹介しました。


    TOEIC目標点の基準はこちらの通り

    • 会社の昇格や昇進のため:600点
    • 就活でアピールしたい:700点
    • 英語力を上達したい:700点
    • 英語を使った仕事に就きたい(翻訳や英語の先生):800〜900点



    何事でも目標を決めることで、それを達成するために頑張ろうとするので、目標を立てることはかなり重要です。


    目標を決めたらあとはひたすら勉強するだけです!!

    おすすめはこちら
    👉

    TOEIC実力診断

    TOEICで自分の実力を知りたかったらこちらのアプリがおすすめ。→(iPhone)(Android)

    AIから出題される10問ちょっとを解いて±20点の精度でスコアを診断できます。

    もちろん無料なので気軽に挑戦してください。

    note:おまけにぜひ

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる