MENU
プロフィール

小山田雄貴

 もともと英語が苦手なメーカー勤務社会人▶︎TOEIC300→855点▶︎転職経験あり▶︎簿記3級▶︎統計検定3級▶︎Pythonエンジニア認定資格▶︎読書好き▶︎海外旅行好き
お問い合わせ

    TOEIC700点レベルってすごい?実際の英語力や平均点も紹介!

    TOEICのレベル

    ・TOEIC700点のレベルってどれくらい??
    ・実際の英語力はどれくらい??英語は話せるの?
    ・就活や転職で武器になる?


    この記事を読むとこんな悩みを解決することができます。

    本記事の内容

    • TOEIC700点のレベル
    • TOEIC700点の英語力
    • 就活や転職でTOEIC700点は武器になるのか
    • TOEIC700点を最速で達成する方法



    この記事を読めばTOEICで700点のレベルを知ることができて「TOEIC700点は意外と簡単じゃん!」と思うこと間違いなし!

    僕は完全に独学でTOEIC300点から785点まで点数を伸ばしました。

    ※その後を使って855点まで伸ばしました。

    本記事の信頼性

    本記事の信頼性

    本記事では、僕が実際に9ヶ月でTOEIC300点から855点にあげた時の経験をもとに解説していきます。



    体験談から解説していきますので、結構有益度は高いはず。ぜひ参考にしてみてください。

    それでは、「TOEIC700点のレベルと実際の英語力」を紹介します。

    目次

    TOEIC700点レベルってすごい?

    選択する男性


    TOEIC700点のレベルを以下の3つの観点からみていきます。

    • TOEICの平均点からみる700点のレベル
    • TOEIC700点のリスニングのレベル
    • TOEIC700点のリーディングのレベル



    それでは1つずつ紹介していきます。

    TOEICの平均点からみる700点のレベル



    TOEIC700点を超えると上位2割のスコアを獲得したことになります。


    ここでみなさんがあまり見ることがないTOEICのスコア分布をみてみましょう。

    公開テストTOEICスコア分布
    https://www.iibc-global.org/library/default/toeic/official_data/pdf/DAA.pdf



    グラフを見てもわかるように600点台の人は結構多いですが、700点を超えるとぐっと少なくなります。


    TOEICで700点取ると上位2割に入ることができるのでまあまあ誇らしいレベルになりますね。


    TOEIC700点リスニングのレベル


    僕が実際に6ヶ月でTOEIC785点を取ったときの、点数配分はリスニング405点、リーディング380点でした。


    そのときのリスニングとリーディングのレベルを紹介します。


    TOEICが700点を超えたときのリスニングのレベルは、言っていることが8割わかるレベルでした。


    実際にPart3や4の長文読解でも全部は聞き取れませんが、どんな場所で何が起こっているかはわかりました。


    TOEICにおいてリスニングの点数は、何割聞き取れているかがそのまま点数になると言われています。


    実際に僕も500点台の時は、5割くらいしか聞き取れませんでしたし、700点台の時も7割か8割くらいしか聞き取れませんでした。

    TOEIC700点リーディングのレベル



    TOEIC700点台のときのリーディングのレベルは、「基礎的で簡単な問題は確実に解くことができるが、少しひねってあると解けない」です。


    TOEICの中にも簡単な問題と難しい問題がありますが、700点レベルだと簡単な問題はミスなく解けるレベルです。


    しかし、ひっかけ問題や上級者でも間違える問題はまだまだ解けません。

    TOEICのひっかけ問題はかなり上手く作られてます、、、


    また、リスニングに比べて、自分の感覚と点数がかけ離れてしまうのがリーディングです。


    8割くらい取れたと思っていても6割しか取れていない時や、逆に5割くらいだと思っていても7割取れている時もあります。

    TOEIC700点の英語力はすごいのか

    英語で会話する子供



    結論から言うと、TOEIC700点レベルの英語力は「完全に英語初心者」です。


    TOEIC800点をとってもまだまだ初心者の域だと思っています。


    なぜならTOEICはある程度出題範囲が決まっているからです、、、


    ここからは、僕が実際にTOEIC785点をとった時の英語力を紹介します。

    • 英語は全く話せない
    • 外国人の言ってることはまあまあわかる
    • 英語に対する苦手意識はない



    それでは1つずつ紹介していきます。

    TOEIC700点では英語は全く話せない      


    僕はTOEIC785点をもっていますが英語は全く話せません。


    正直TOEICの勉強を始める前はTOEICで700点くらい超えたら英語ペラペラなんだろうなーって思ってました。笑

    現実は甘くありませんでした、、、


    英語を全く話せない理由は2つあります。

    • リスニングとリーディングの勉強ばかり
    • TOEICのシチュエーションは限定的



    TOEICの勉強のやる気を無くさないでくださいね、笑

    リスニングとリーディングの勉強ばかり



    みなさんも知っての通り、TOEICはリスニングとリーディングの試験なので英語を話すためのスピーキングは鍛えられません。


    英語力には4つの力があります。


    「リスニング力」「リーディング力」「スピーキング力」「ライティング力」


    これらの力は相対的に力がつくわけではないので、「リスニング力」を鍛えたからといって「スピーキング力」はつきません。


    スピーキング力を鍛えたければオンライン英会話が1番の近道です。

    TOEICのシチュエーションは限定的



    TOEICのシチュエーションはかなり限定的です。


    出題されるシチュエーションが決まっているからこそ、TOEICは点数が取りやすい理由でもあります。


    しかし、出題される幅が狭いため日常の会話シーンなどがなく、普段話すようなスピーキングの力は付きません。

    TOEIC700点をとると外国人の言ってることはまあまあわかる



    スピーキングは全然ですが、リスニング力は確実に付いています。


    TOEIC700点レベルになると外国人が話していることはなんとなくわかります。


    洋画を字幕なしでみても完全には理解できませんが、話の流れがなんとなくわかります。


    ※かなり集中してこのレベルなので、物語は楽しめないし、かなり疲れるので映画を楽しみたい方は非推奨、、、

    英語に対する苦手意識はない



    TOEIC700点を取ると英語に対する苦手意識はなくなりました。


    僕はもともとセンター100点、TOEIC300点の英語苦手系男子でした。


    しかし、TOEIC700点を超えたあたりから、道端で外国人に道を聞かれても緊張せずうまく対応できるようになりました。


    また、TOEIC700点をとってから1人で海外旅行も行けるようになりました。笑


    行った国は、マレーシア、タイ、シンガポールです。


    英語に対する苦手意識がなくなったことでかなりアクティブになりました。

    もう一回タイにいきたいなぁ

    就活や転職でTOEIC700点は武器になるのか

    スーツを着た男性



    結論から言うとTOEIC700点を持っていれば、就活・転職でかなり有利です。



    TOEIC700点は就活に有利


    日本企業ではTOEICの点数が評価されやすいため、高得点を持っていれば印象が良くなります。


    実際にデータを見てみましょう。採用時にTOEICの点数を参考にする企業の割合と点数のデータを紹介します。

    TOEIC就活データ



    このグラフを見ると約7割の企業が「採用時に現在または過去にTOEICの点数を参考にしている」と答えています。


    これを見ると新入社員に求めるスコアは565点とあるので、700点くらい持っていれば周りの就活生と差をつけることができます。

    特にアピールすることがない人はTOEICをやるといいよ



    実際に僕も就活は4社だけ受けて、東証一部上場企業2社に内定をもらいました。どの面接でもTOEICの点数を褒められた記憶があります。


    また、TOEICで高得点をとった勉強の過程を説明することで、「英語力」をアピールするだけでなく、「スケジュール力」、「継続力」を自己PRすることができます。


    TOEICは700点を超えると受けがかなり良いので、個人的には就活・転職を考えている方は、絶対TOEIC高得点を取るべきだと思います。


    TOEICを就職に活用した記事はこちら

    TOEIC700点は転職にも有利


    TOEICは新卒の就活時だけでなく、転職時にも有利になります。


    先ほど紹介したグラフは、新卒・中途に関係なく採用時にTOEICの点数を参考にする企業の割合と点数のデータです。


    中途採用でも約7割の企業が「採用時に現在または過去にTOEICの点数を参考にしている」ということになります。


    しかし、入社時希望スコアは新卒よりも高く、710点となっています。できれば800点以上とって周りに差をつけたいところです。

    働きながらTOEICの勉強するのは大変だね。



    会社員におすすめする勉強法もこちらで紹介してるので、参考にしてみてください。

    TOEIC700点を最速で達成する方法

    理系大学生


    僕がもう1度TOEIC855点を目指すならを利用します。


    現在の環境なら最短最速でTOEICの点数を上げたいならスタディサプリ1択です。


    独学だとどうしても遠回りしてしまうからです。


    しかし、スタディサプリなら動画授業で先生がTOEICの点数をあげるコツを教えてくれます。

    実際に僕も3ヶ月利用してTOEICの点数が725点から855点に上がりました。

    実際に僕がスタサプを3ヶ月勉強した体験談はこちら



    しかも料金も月額3278円(税込)なので、1日に換算すると99円。


    正直参考書を買うよりもコスパがいい勉強法です。


    スタディサプリの詳しい内容や勉強法の記事はこちらで紹介しています。

    | 無料で1週間試す⬇️ |

    期間限定で割引キャンペーン実施中

    まとめ:TOEIC700点のレベルと実際の英語力



    今回の記事では「TOEIC700点のレベルと実際の英語力」を紹介しました。


    TOEIC700点のレベルの内容をまとめると以下のようになります。

    • TOEICで700点は上位2割
    • リスニングは7〜8割聞き取れる
    • リーディングは簡単な問題は確実に解ける
    • 英語は全く話せない
    • 外国人の言っていることはまあまあわかる
    • 英語に対する苦手意識はなくなる



    みなさんTOEIC700点のレベルをイメージできましたね?


    あとはひたすら勉強するだけです!!


    モチベーションを高めて頑張りましょう!

    TOEIC実力診断

    TOEICで自分の実力を知りたかったらこちらのアプリがおすすめ。→(iPhone)(Android)

    AIから出題される10問ちょっとを解いて±20点の精度でスコアを診断できます。

    もちろん無料なので気軽に挑戦してください。

    note:おまけにぜひ

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる