大学生のうちにやるべきこと8選【元理系大学生が心からおすすめ】

大学卒業

・大学生のうちにしておかなくちゃいけないことって何だろう
・暇すぎてやることない、、、
・大学生活こんなのでいいのかなぁ


この記事を読むとこんな悩みを解決することができます。

本記事の内容

  • 理系大学生がやるべきこと【勉強編】
  • 理系大学生がやるべきこと【プライベート編】



この記事を読めば理系大学生があとで後悔することのない大学生活を送れるようになります!


本記事では、僕が実際に大学生や社会人の時にやってみて心から良かったことだけ紹介しています。



体験談から解説していきますので、結構有益度は高いはず。ぜひ参考にしてみてください。

それでは「大学生のうちにやるべきこと8選」を紹介します。

目次

理系大学生がやるべきこと【勉強編】



僕がおすすめする理系大学生が在学中にやるべきことはこちら!

  1. 英語学習
  2. プログラミング学習
  3. ブログ・アフィリエイト
  4. 就活の準備


これ全部やれたら人生イージーモードです。笑



詳しいことは、以下で紹介して行きます。

理系大学生がやるべきこと①:英語学習

アメリカグッズ



理系大学生に最もオススメするのは「英語学習」です。

なぜなら、英語が得意になることで様々なメリットを得ることができるからです。

特にTOEICで高得点をとっておくことで、英語力を身に付ける以外のメリットがたくさんあります。



僕は大学2年生のころ半年間、暇な時間だけ勉強して、TOEICを300点から785点まであげました。

そして、下のメリットを得ることができました。

  • 英語の基礎を見つけることができる
  • 就職が一瞬でおわる
  • 昇進、配属に有利
  • 職場で一目置かれる
  • 単位、お金がもらえた



詳しくはこちらの記事で紹介してます。



TOIECの勉強法やオススメ参考書も下の記事で紹介しているので、読んで見てください。

理系大学生がやるべきこと②:プログラミング学習

プログラミングコード



2つ目はプログラミング学習です。

プログラミングは習得すると話せる言語が1つ増えると言われています。



プログラミング学習を始めるメリットは、以下の3つがあげられます。

  • スキルとして身につけることができる
  • 身につけたスキルで副業ができる
  • 転職にも役立つ



僕は、学生時代はまったくプログラミングを学ばなかったんですが、社会人になってからプログラミング言語Pythonを勉強しました。

今後はネット社会がさらに拡大されていくと予想されているため、プログラミング言語は身につけておいて損はないです。

これも時間がある大学生のうちに身につけておくと、社会人になってから楽ですよ!

理系大学生がやるべきこと③:ブログ・アフィリエイト

パソコンとノート



続いては、ブログ・アフィリエイトです。

これは今、私が目下取り組んでいることです。笑

大学生のうちにこれをやる理由としては、以下のことが考えられます。

  • 会社の給料が安かった場合、副業収入になる
  • 疲れるバイトをしなくて済む
  • 家でお金を稼ぐことができる
  • マーケティングやライティングのスキルが身につく


2017年に政府が働き方改革として副業を推進しています。

「副業・兼業を希望する方は、近年増加している一方で、これを認める企業は少ない。労働者の健康確保に留意しつつ、原則副業・兼業を認める方向で、副業・兼業の普及促進を図る」

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000192188.html



今後は、終身雇用が崩れていき、個人で稼ぐ能力が求められるため、早めに副業を始めましょう。

理系大学生がやるべきこと④:就活の準備

スーツを着た男性



急に真面目モードです。笑

就活は、3年生の後半くらいからスタートすると思いますが、

それよりもっと前から準備を始めましょう。


準備しておく内容は以下の通り。

  • TOEICで高得点(700以上)をとる
  • SPIの勉強
  • エントリーシートの添削
  • 企業研究



人生を左右する就活で失敗したくなかったら、事前準備を必ずやりましょう!!

具体的には以下の記事で紹介しています。

理系大学生がやるべきこと【プライベート編】



次は、理系大学生がやるべきことのプライベート編です!


人生最後の夏休みと言われている大学生活で、プライベートの充実は人生の充実とも言えます。


おすすめのやるべきことは以下の通り。

  • 読書
  • 旅行
  • 恋愛
  • 身になるバイト



詳しいことは、以下で紹介して行きます。

理系大学生がやるべきこと⑤:読書

読書する女性



これは、暇な人が最も考えつくことじゃないでしょうか。笑

読書のメリットは、以下の通り。

  • 新しい知識を得ることができる
  • 絶対に自分ができない体験ができる(小説)
  • 同じ趣味の人と仲良くなることができる

僕は、大学生時代の時に4年間で100冊以上、本を読むことを決め、無事に120冊読むことができました。



1年間30冊なので、月に2、3冊ですね。

小説から自己啓発本まで様々なジャンヌを読み漁りましたが、普通に生活してては得られない知識が身について、やってよかったと思っています。

理系大学生がやるべきこと⑥:旅行

旅行する男性



6つ目は、旅行です。

僕がおすすめするのは、特に海外旅行です。

これは長期にわたって暇な時間がある人向けですが、大学生の方に関しては、特におすすめです。

よく、ネットで「海外に行って価値観変わった!」と格好つける人がいますが、そんな数日間で、価値観が変わるようなら元々たいした価値観ではありません。笑

しかし海外旅行に行くと、以下の経験を得ることができます。

  • 様々な文化に触れることができる
  • 日本では体験できない非日常感が感じられる
  • 何事にも自分で考え、チャレンジできるようになる



しかも一人で海外旅行に行くことでより、上記のメリットが生きてくると思います。

僕自身も、合計7カ国にいきました。

  • タイ
  • 台湾
  • マレーシア
  • シンガポール
  • インド
  • フィリピン
  • グアム


価値観が変わるほどではありませんでしたが、チャレンジ精神が向上し、メンタルが強くなりました。

理系大学生がやるべきこと⑦:恋愛

夕日とハート



恋愛は絶対しておきましょう!!

しかも若いうちに!笑

社会人になってからの恋愛と、大学生の恋愛は全く違います。

社会人になってから、みんなが社会人には出会いがないと言っている意味がわかりました。。。



そもそも理系大学生は、学校内であまり出会うチャンスはないと思いますが、大学生のうちくらいは積極的になってチャンスを探しましょう。

それもいい経験になること間違いなしです!

理系大学生がやるべきこと⑧:身になるバイト

砂時計



せっかくバイトするなら、身になるバイトをしましょう。

時間を売るだけで、お金がもらえるバイトは絶対にやめましょう。



大学生の時間はかなり貴重な時間です。



後々知識や経験が身につかないようなバイトはしないようにしましょう。

あなたがやっているバイトは、本当に若いうちにやらないといけない仕事ですか??

大学生がお金を稼ぐためにおすすめの方法はこちら。

  • ブログ・アフィリエイト
  • プログラミング
  • ウェブライター
  • 動画編集
  • ユーチューバー



どれも時間の切り売りではなく、今後も稼げるスキルを身につけられるものばかりです。



もし僕が大学生に戻ったらこの中の1つを極め、社会人になっても副業で続けていきます。



社会人になってから感じるのは、本業以外の収入源の大切さです。



大学生のうちにこのことに気付けるのはラッキーなので、これを読んでいるあなたにはぜひ行動してほしいです。

まとめ:大学生のうちにやるべきこと8選(理系)



今回大学生のうちにやるべきことを8つ紹介しました。

  1. 英語学習
  2. プログラミング学習
  3. ブログ・アフィリエイト
  4. 就活の準備
  5. 読書
  6. 旅行
  7. 恋愛
  8. 身になるバイト



暇な時間を有効に使うことで、今までの自分にない経験ができ、そこからさらにやりたいことが見つかっていくので、

これを読んでる皆様もぜひ何か行動すると人生がちょっとだけ変わると思います。

おわり。

TOEIC実力診断

自分の実力を知りたかったらこちらのアプリがおすすめ。→(iPhone)(Android)

AIから出題される10問ちょっとを解いて±20点の精度でスコアを診断できます。

もちろん無料なので気軽に挑戦してください。

note:おまけにぜひ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる