TOEIC1週間前にこそやるべき7つの対策|スコアアップに直結します

ロケット

・TOEIC本番1週間前ってどんな勉強をすればいい?
・TOEIC1週間前にできる対策を知りたい。


この記事を読むとこんな悩みを解決することができます。

本記事の内容

  • TOEIC1週間前にこそやるべき7つの対策
  • TOEIC1週間前に身につけられるTOEICの小技集
  • TOEIC1週間前に自分のスコアを診断する方法


TOEICは直前の1週間前にしっかり対策・勉強することで本番で実力を発揮し、点数をUPさせることができます。


しかし1週間前にやるべきことをやらないと、TOEIC本番で実力を発揮できず、今までの努力が無駄になってしまう可能性も、、、


この記事では僕が10回以上TOEICを受けてたどり着いたTOEIC本番1週間前にやるべきこと7つを解説します。


この記事で紹介したことを実行できれば、本番で実力を発揮することができてスコアアップ間違いなしです。

僕も毎回やっている対策です。

本記事の信頼性

本記事の信頼性


本記事では、僕が実際に9ヶ月でTOEIC300点から855点にあげた時の経験をもとに解説していきます。



体験談から解説していきますので、結構有益度は高いはず。ぜひ参考にしてみてください。

それでは、「TOEIC本番1週間前の勉強法と対策」を紹介します。

目次

TOEIC本番1週間前の勉強法と対策

何かに気づいた女性


TOEIC1週間前の勉強法と対策は以下の5つ。

  1. 模試1回分解く
  2. 今までの復習をする
  3. 公式問題集の音源をきく
  4. 時間配分を決める
  5. 当日の流れや持ち物を確認する
  6. 体調を整える
  7. マイルールを決める



1つずつ紹介します。

TOEIC1週間前対策①:模試1回分解く



TOEIC1週間前に必ず模試1回分解きましょう。


これは自分の実力を直前に確認する意味もありますが、一番大事なのは問題を解くスピードを身に染み込ませるためです。


TOEICの勉強をしていて、全200問通しで解く機会は意外と少ないです。


僕も1週間前に模試1回分解いてみて、文法問題のPart5に時間をかけ過ぎていたことがわかり、当日時間配分を調整することができました。


ここで解く模試は、TOEIC本番に1番近い「公式問題集」がおすすめです。



公式問題集は最新の物を買えばOK


公式問題集1回分を残して、1週間前に解くのがベストです。


ただし公式問題集は良問がそろっているので、1回解くだけでなく残り1週間でできるだけ復習しましょう。

TOEIC1週間前対策②:今までの復習をする



TOEIC1週間前に今まで勉強した内容を復習しましょう


ここで復習する内容は、今ままで覚えた単語帳や文法です。


僕は公式問題集や文法書の知らなかったことを、ノートにまとめていたのでそれで復習しました。

TOEIC勉強ノート



1回覚えたことは少し復習することで思い出すことができるので、必ず復習しましょう。


せっかく1回覚えたのに直前に復習しないのはかなりもったいないです。

TOEIC1週間前対策③:公式問題集の音源を聞く


TOEIC本番1週間前は、公式問題集のリスニング音源を聞いて勉強しましょう。


なぜなら公式問題集のリスニングのナレーターは本番と同じ人が担当しているからです。


本番と同じ声やスピードに慣れておくことで、本番でもリスニングが聞きやすくなります。


直前に解く模試に公式問題集をおすすめしたのは、ナレーターが同じというメリットもあるからです。

TOEIC1週間前対策④:時間配分を決める


TOEIC本番の前には、リーディングの時間配分を必ず決めましょう。


得意・不得意があるので時間配分は人それぞれですが、僕のおすすめする時間配分は以下の通り。

  • Part5:1問20秒
  • Part6:1問20秒
  • Part7:1問1分



文法問題で5秒で瞬殺できる問題や、長文問題で20秒くらいで解ける問題もあるので、それぞれのパートの平均で目標を決めればいいです。


僕も直前に公式問題集を解いて、時間配分を見直すことでTOEIC本番で実力を発揮できたので、あらかじめ時間配分を決めることはかなり重要です。

TOEIC1週間前対策⑤:当日の流れや持ち物を確認する



当日の流れや持ち物は確認しておきましょう。


TOEICの会場は毎回変わったり、行ったことがないところが多いので遅刻しないように場所は確認しましょう。


また下の記事で紹介してますが、当日に必要な持ち物も必ず確認して忘れないようにしましょう。


特に、マークする鉛筆やシャーペンはひと筆でかけると時間短縮になるので、買っておくと便利です。

TOEIC1週間前対策⑥:体調を整える



TOEIC直前の1週間は体調を整えることも意識しましょう。


本番1週間前に体調を崩してしまっては、本番までに回復しない可能性もあります。


せっかく数ヶ月勉強してきたのに実力を出せないのは、もったいなさすぎるので体調管理はかなり重要。


僕はTOEIC本番1週間前になると、睡眠時間は最低7時間とるようにしてます。

日頃から食生活に気をつけ、毎日運動もしてるので体調管理はバッチリです!

TOEIC1週間前対策⑦:マイルールを決める


最後がTOEICを受ける上で意外と大事なポイントで「マイルールを決める」です。


マイルールを決めて置くことで、スピード命のTOEICで無駄な時間をなくすことができます。


実際に僕が決めてるマイルールはこんな感じ。

  • 迷ったら最初に正解だと思った方をマークする
  • 全然わからなかったらCをマークする



特に2択で迷ったときは、「もうちょっと考えればわかりそうなんだけどな、、、」といって、2〜3分時間を無駄にすることはよくあります。


このマイルールを守るようになってから、確実に解ける問題の方に時間をかけれるようになりました。

TOEIC1週間前に身につけられるTOEICの小技集

黒い棒を持つ男性


TOEIC1週間前からでも小技を知っておくことで、スコアアップが期待できます。


そんなの本当の英語力じゃないと言われるかもしれませんが、どうしてもスコアをあげたかった僕はTOEICの小技をたくさん調べました。


実際に僕がやってる小技はこちら

  • パート3、4は必ず先読み
  • マークは専用のシャープペン
  • 試験直前にブドウ糖をとる


1つずつ解説していきます。

TOEIC1週間前に覚える小技①:パート3、4は必ず先読み


パート3とパート4は先読み。これはど定番ですが、絶対にやりましょう。


設問には答えのヒントになる情報がたくさん詰まっています。


例えば、「Why is the woman concerned?」とあれば女性が心配していることを尋ねているため、女性の発言に注意すれば解くことができます。


他にも図表問題は全体に目を通しておくことで、正答率が上がりますし、「What does the man imply when he says, “~”」のようにセリフがあらかじめ選択肢に書いてあることもあるので、先読みしておけばかなり有利です。


僕は先読みすることでリスニングで450点超えました!




注意点を1つだけ上げるとしたら、設問は先読みするけど、回答の選択肢までは先読みしなくてもOKです。
(回答の選択肢とは選択肢ABCDのことです。)


回答の選択肢のうち正解は1つだけで、残り3つは偽物の情報です。それらを先読みすることで情報が頭の中でごちゃごちゃになり、リスニングのひっかけにかかりやすくなってしまいます。


ただし慣れないとうまく先読みができず時間を無駄にしてしまう可能性があるので、ちょっと練習してみてだめそうなら今回は諦めましょう。

TOEIC1週間前に覚える小技②:マークは専用のシャープペン


先ほどもチラッと紹介しましたが、マーク専用のシャーペンを使うことで時間の節約になります。


実はマークするのに意外と時間がとられていて、1マーク2秒としてもリスニング100問で200秒かかる計算に、、、


僕の体感だとマーク専用シャーペンを使うと1秒でマークできるので、100秒の節約に成功します。


これはパート5だと5問は解ける計算になるので、効果は絶大です。


実際に僕が使ってるマーク専用シャーペンはこちら。


芯が1.3mmと極太になっていて、マークする時間をかなり短縮できます



実際マーク専用シャーペンならなんでもいいですが、値段も安いし使いごこちもいいので愛用してます。

TOEIC1週間前に覚える小技③:試験直前にブドウ糖をとる



TOEIC試験直前にブドウ糖をとることで、脳を回復させて頭が回るようになります。


(もはやTOEICとは関係ないかもしれませんが、、、)


ブドウ糖は即効で脳のエネルギーになるため、勉強には欠かせないものです。


ブドウ糖が不足すると、脳はエネルギーを作ることができず、思考能力が低下してしまいます。さらに、集中力が欠け、やる気も出ず、イライラするなど仕事も勉強もはかどりません。


僕はTOEIC当日近くのスーパーに行って、ブドウ糖がたっぷり含まれているラムネを買って試験にのぞみました。

TOEIC1週間前に自分のスコアを診断する方法

本を読む女性



TOEICの勉強をしていると自分の実力がどれくらいあがったか気になりますよね?ましてやTOEIC1週間前になると本当に自分のスコアが伸びてるか心配になります。


そこでTOEIC1週間前に自分のスコアを診断する方法を2つ紹介します。


1つはすでに7つの対策の中で紹介しましたが、「模試を解いてみる」です。公式問題集などの模試にはスコア換算シートが載ってるので実際に解いてみれば、だいたいのスコアが換算できます。

リスニングリーディング
素点換算点範囲素点換算点範囲
96~100475-49596~100460-495
91~95435-49591~95425-490
86~90405-47586~90395-465
81~85370-45081~85370-440
76~80345-42076~80335-415
71~75320-39071~75310-390
66~70290-36066~70280-365
61~65265-33561~65250-335
56~60235-31056~60220-305
51~55210-28051~55195-270
46~50180-25546~50165-240
41~45155-23041~45140-215
36~40125-20536~40115-180
31~35105-17531~3595-145
26~3085-14526~3075-120
21~2560-11521~2560-95
16~2030-9016~2045-75
11~155-7011~1530-55
6~105-606~1010-40
1~55-501~55-30
05-3505-15
TOEIC公式問題集より引用



しかし、お金も時間もかけたくないという人には、おすすめの無料アプリもあります。


完全に無料でTOEICの予想スコアを診断できるたった1つの方法は、SANTA TOEICです。
👉(iPhone)
👉(Android)

SANTA TOEICはTOEIC受験者100万人の1億問に及ぶ解答データをAIが解析し、ユーザーのスコアを予測することができます。


スコア診断の精度は95%とほぼ完璧な数字を診断してくれます。


自分のTOEICスコアを常に意識しながら学習に臨めます。


やり方は、簡単。


SANTA TOEICのホームページに行って、下の画面でいう右上の「診断テストを開始する」を押すだけ。

SANTA TOEICホーム画面



全部で11問あって正解した問題と解くまでにかかった時間から予想スコアを診断してくれます。


僕が実際にやってみた結果はこちら

SANTATOEIC予想スコア



僕がTOEIC785点をとったのが3年くらい前で、2019年10月くらいで受験した時730点だったので、ほぼほぼ正しいスコアを診断してくれることがわかりました。


完全に無料で予想スコアを診断できるのはSANTA TOEICだけなのでぜひ利用してみてください。


アプリはこちらから
👉(iPhone)
👉(Android)

まとめ:TOEIC1週間前にこそやるべき7つの対策


今回の記事では「TOEIC1週間前にこそやるべき7つの対策」を紹介しました。


今回紹介した勉強法と対策は以下の7つ。

  1. 模試1回分解く
  2. 今までの復習をする
  3. 公式問題集の音源をきく
  4. 時間配分を決める
  5. 当日の流れや持ち物を確認する
  6. 体調を整える
  7. マイルールを決める



TOEICは直前1週間前にきちんと対策することで確実にスコアを伸ばすことができます。


少しでもスコアを伸ばしたいという人はこの7つの中の1つでもいいから実践してみてください!

TOEIC実力診断

自分の実力を知りたかったらこちらのアプリがおすすめ。→(iPhone)(Android)

AIから出題される10問ちょっとを解いて±20点の精度でスコアを診断できます。

もちろん無料なので気軽に挑戦してください。

note:おまけにぜひ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる