TOEICの点数がアプリだけでは上がらない理由と対策案を紹介します

アプリを選ぶ男性

・TOEICの点数はアプリだけで伸びるのかな?
・アプリだけで伸ばすならどのアプリを使えばいいか知りたい


この記事を読むとこんな悩みを解決することができます。

本記事の内容

  • TOEICの点数はアプリだけで伸びるのか
  • TOEICの点数をアプリだけで伸ばすなら
  • アプリを使った正しい勉強法



この記事を読めば、アプリだけでTOEICの点数は上がるのか、どのアプリを使えばいいのか、本当に効率のいい勉強の仕方を知ることができます。

本記事の信頼性

本記事の信頼性

本記事では、僕が実際に9ヶ月でTOEIC300点から855点にあげた時の経験をもとに解説していきます。



体験談から解説していきますので、結構有益度は高いはず。ぜひ参考にしてみてください。

目次

TOEICの点数はアプリだけで伸びるのか

たくさんのアプリ



結論から言うと、アプリだけでTOEICの点数を伸ばすのはオススメしません。


点数を伸ばすのにかなり遠回りになると思います。


なぜならこちらの3つの理由があるからです。

  • スマホだと勉強しづらい
  • スマホには誘惑が多い
  • TOEICの全てのパートに対応できるアプリがほとんどない



これから詳しく説明していきます。

スマホだとTOEICアプリは勉強しづらい



スマホの小さい画面で勉強するのはかなりやりづらいです。


画面の小さいスマホで勉強するは、やりにくいでしょうし、実際のTOEICは椅子に座って紙で試験を受けます。


実際の試験と同じ条件で勉強しないとあまり意味がないので、主な勉強はしっかり椅子に座った方がいいです。


特に、リーディングの長文問題はスマホだと全文見ることができませんし、本文と問題文の両方を同時に見ることもできません。

スマホには誘惑が多い



皆さんのスマホには誘惑がたくさんあります。


TOEICアプリを開こうとしても、他のゲームアプリやSNSアプリが目に入ってそちらを開いてしまうかもしれません。


スマホで勉強している途中、ラインの通知が来て気になって返事をしてしまうかもしれません。


このようにスマホにはたくさんの誘惑があり、僕だったらとても勝てそうにありません。笑


TOEICの全てのパートに対応できるアプリがない



TOEICのパートを全て網羅できているアプリはほとんどありません。


かなり雑なアプリならいくつかありますが、内容も優れていてTOEIC全てを網羅できているアプリは「スタディサプリ」しかありません。


そのほか、僕が進めているTOEICアプリはたくさんありますが単語アプリや文法アプリが多く、リスニングとリーディングを勉強できるアプリはかなり少ないです。

TOEICの点数をアプリだけで伸ばすなら

スマホと連携



それでもどうしてもTOEICをアプリだけで伸ばしたいという人に勉強法を紹介します。


先ほどもちょっと言いましたが、アプリだけでTOEICの点数を伸ばすなら1択です。

スタディサプリTOEIC対策コースのアプリでできること

スタディサプリTOEICコース



は、リクルートが提供するサービスの1つで、昔は「受験サプリ」という名前でした。


そのスタディサプリのサービスの中にTOEIC対策コースがあります。


サービス概要

講師関正生
料金月額2980円 ※単月の場合
利用可能デバイスPC、スマートフォン、タブレット
キャッシュバックキャンペーンたまにあり



スタディサプリのTOEIC対策コースは、スタディサプリの中でもTOEICに特化したコースで、TOEICの点数を上げるためだけに作られたコンテンツです。


そのため、最短でTOEICで高得点を取れるノウハウが詰まっています。


主な学習コンテンツは、以下の4つです。

  • TEPPAN英単語・・・TOEICに頻出する単語を「600点」「730点」「860点」「990点」の4つのレベル別にわけて、合計1500語学べるコンテンツ。

  • パーフェクト講義・・・カリスマ講師・関先生による、TOEICの概要や勉強法、英文法についての動画レッスン。スタディサプリTOEIC対策コースで一番の価値がある。

  • 実戦問題集&実戦問題集NEXT・・・TOEICの問題をリスニング100問+リーディング100問の模試形式で勉強できるコンテンツ。

  • 基礎英文法・・・中学レベルの英文法を動画で解説する初心者向けのコンテンツ。




真剣に取り組めば、確実に成果が出るコンテンツになっています。

  

スタディサプリTOIECアプリ



基本的にスタディサプリTOEIC対策コースの内容は全てアプリでも勉強することができます。


詳しいスタディサプリの記事はこちら

| 無料で1週間試す⬇️ |

期間限定で割引キャンペーン実施中

TOEICアプリを使った正しい勉強法

スマホに寄りかかる人



TOEICをアプリで勉強するときは、以下の2点に気をつけてください。

  • スキマ時間を全部利用する
  • アプリでの勉強はあくまで補足



これから詳しく説明していきます。

スキマ時間を全部利用する           



TOEICをアプリで勉強する時間は、主にスキマ時間です。


日常の中にある以下の隙間時間に勉強することで、効率よく時間を使ってTOEICの点数を向上させることができます。

  • 電車の中
  • 車の中
  • 会社や学校の休憩時間
  • 待ち時間



PRTIMESによると、1人1日で平均70分のスキマ時間が存在するそうです。


これは、1年間でいうと「425時間」です。


425時間もあればそれだけでTOEIC700点は余裕で超えることができます。

TOEICアプリはあくまで補足



TOEICをアプリで勉強するのは、あくまで補足程度にしましょう。


画面の小さいスマホで勉強するは、やりにくいでしょうし、実際のTOEICは椅子に座って紙で試験を受けます。


実際の試験と同じ条件で勉強しないとあまり意味がないので、主な勉強はしっかり椅子に座ってやりましょう。

アプリで勉強するのはスキマ時間だけ!


僕は、基本的に以下の2点を守ってスキマ時間を活用していました。

  • 外出先
  • スキマ時間が30分以下の場合



以上のようなルールを自分の中で決めておくことで、時間の使い方を迷うことなく効率的に使うことができますよ!

まとめ:TOEICの点数はアプリだけで伸びるのか?



今回の記事では、「TOEICの点数はアプリだけで伸びるのか」を紹介しました。


今回の記事をまとめると

  • TOEICアプリだけで勉強するのはおすすめしない
  • どうしてもアプリだけで勉強するなら「スタディサプリ」
  • アプリで勉強するのは基本的にスキマ時間



結論としてTOEICアプリだけで勉強するのは非常に効率が悪いです。


しかし、TOEICアプリを使ってスキマ時間を有効活用することで、TOEICの点数は確実に伸ばすことができます。


おすすめはこちら
👉

note:おまけにぜひ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる