大学生のときにやっておけば良かったと後悔していること5選

歩いてる人

・大学生の時間を有効に使いたい
・このままだと何も達成できなくて大学生活後悔しそう、、、

こんな悩みを解決します。


大学生は時間があってなんでもできると思っていると、あっという間に終わって社会人になってから後悔してしまいます。


実際に僕も大学生活4年間を終えて社会人になってからやっておけば良かったと後悔していることがたくさんあります。


今回の記事では、そんな僕が大学生活で後悔していることを紹介していきます。

本記事の内容

  • 経験・知識・スキルになるバイトをやれば良かった
  • お金の勉強をすれば良かった
  • 大学以外の勉強をすれば良かった
  • 海外旅行をすれば良かった
  • 大学の勉強をすれば良かった



この記事を読めば、少なくとも僕が感じている後悔を知ることができて、あなたは回避することができます!笑


僕の二の舞にはならないでくださいね。

本記事では、元理系大学生の僕が大学生時代に後悔したと感じていることを紹介していきます。



体験談から解説していきますので、結構有益度は高いはず。ぜひ参考にしてみてください。

それでは「大学の後悔①:経験・知識・スキルになるバイトをやれば良かった」を紹介します。

目次

大学の後悔①:経験・知識・スキルになるバイトをやれば良かった

パソコンを触っている女性


僕が大学生時代後悔したランキング1位は「経験・知識・スキルになるバイトをやれば良かった」です。


これを読んでいる大学生は、知識や経験など何も得られないバイトを絶対にやらないでください。


単純作業を繰り返すようなバイトは本当に「無駄」です。

大半が無駄なバイトをしています。



僕は、イベントスタッフのバイトをやっていたのですが、ほぼ派遣で毎回知らない人たちとイベントの設営をしたり案内をしていました。


ライブやスポーツを近くで見れたり、楽しかった思い出はたくさんあるんですけど、イベントスタッフのバイトから得られた経験は何もありませんでした。


ちなみに僕がやっておけばよかったと思っているバイトは「ブログ」です。


正確にはブログはバイトではありませんが、お金を稼ぐための手段でたくさんのスキルを身に付けることができます。


スキルになるバイトをしておくべき理由は2つあります。

  • 社会人になってからは時間がなくて勉強できない
  • 社会人が嫌になったら身につけたスキルで稼げる


特に大きなポイントは、社会人が嫌になったらやめてもいいという余裕ができることです。


スキルがあれば「いざとなったらやめても大丈夫」と思うことができ、心に余裕ができて本業も気持ちが楽になります。


これがスキル0の人だと、そうはいきません。

やめたら収入が0になっちゃう



ちなみに、ブログでなくても「プログラミング」や「動画編集」など、スキルが身につくものならOK。


僕がブログをおすすめするのは、文章力も身につくし、人生のアウトプット場所にちょうどいいからです。

大学の後悔②:お金の勉強をすれば良かった

credit card



次に後悔していることは「お金の勉強をもっとしておけばよかった」です。


僕がお金関係で大学生時代に後悔していることはこちらの2つ。

  • 価値のあるものにお金を使う
  • 投資信託の勉強



それぞれ簡単に解説していきます。

価値のあるものにお金を使う



皆さんは本当に価値のあるものを買っていますか?


「価値のあるものにお金を使う」というのは人生において本当に重要なスキルです。


僕の場合「あんまり着ない高い服」や「安くなっていたから買った家具」、「見栄のために買ったブランド品」などは完全に無駄遣いでした。


特に大学生は全身ブランド物で固めたりしがちです。


僕は、ある時いったい自分は誰に見栄を張っているんだろうと疑問に思って以来、ブランドものには一切こだわらなくなりました。

特に他人はあなたがブランド物の財布を持っていようが、あまり興味はありません。笑


もちろん本人が気に入ってブランドものを買うのはOKですが、見栄を張っているならやめましょう。

投資信託の勉強


実は僕はちょっと意識の高い大学生だったので、大学の図書館に行って株などのお金の勉強を1ヶ月程度したことがあります。

勉強したことを元に楽天証券で口座を作り、2年ほどトレードしてみました。結果はプラマイゼロ。笑


個人投資家は9割はマイナスになってしまうことから、運がよかっただけです。


しかし、資本主義社会を生きる上で投資は絶対に必要です。


そこでおすすめなのが投資信託。


特にインデックス投資で市場平均を買っていけば、世界人口が増え続けている限り、長期で見るとかなり高い確率でお金を増やすことができます。


大事なのは自分でトレードしないということです。投資関係の記事は今後も発信していこうと思います。

大学の後悔③:大学以外の勉強をすれば良かった

勉強する人



社会人になると圧倒的に時間が足りないので、大学以外の勉強でやりたいことがあったら大学生の間にやりましょう。


僕は、大学卒業時にTOEIC300点から785点にあげた経験がありますが、社会人になってからもっと点数をあげたくなり、苦労して勉強した経験があります。


残業が続く中、勉強しなくてはいけなかったので本当に大変でした。

それでもがんばったおかげで855点を取ることができました。



そのときの記事はこちら




社会人よりも大学生の方が確実に時間があります。ここでもスキルにならないバイトが忙しくて勉強できないというのは絶対にやめましょう。


今後のスキルになるバイトをやるようにしてください!

大学の後悔④:海外旅行をすれば良かった

traveling



これも社会人になると全然いけなくなります。


僕は大学生時代に合計7カ国にいきましたが、社会人になってからはもっと行っておけばよかったと後悔しています。


大学生の時は2ヶ月近く夏休みがあったり、1年の半分くらいが休みなんじゃないかと思うくらい休みでした。笑


しかし社会人になると、お盆の連休、ゴールデンウィークの連休、年末年始の連休しかなくなります。


みんなが休みの時は、旅行先は混むし、料金は上がるしでいいことがありません。

大学生の時は、安い時にいけたのに、、、


それが国内旅行なら有休を使えば3連休を作っていけますが、海外ともなると少なくとも5日以上必要になり、社会人ではとてもいけません。


海外は日本と違うところがいっぱいあって、すごい刺激になるので、行ったことない人は一度は行ってみるといいですよ!

大学の後悔⑤:大学の勉強をすれば良かった

分析している男性たち


こんな後悔をする人は少ないと思いますが、僕は「大学の勉強をもっとしておけばよかった」と感じています。


実際のところ、僕は成績もまあまあ良くて学科内でもTOP20%には入っていましたが、単位を取るために勉強しているだけでした。


本質的な勉強をしていなかったため、大学生の時に勉強したことは何も覚えていません。。。(こんなこと言ったら親に怒られますが)


しかも、「こんな勉強将来使わないしな〜」と思っていた分野が、以外にも社会人で必要なことが多く、あの時もっと勉強しておけばよかったと感じています。



特に、自分の学科でやっていることが将来やりたい職業に繋がる人は、真剣に勉強しましょう。大学生の時は、周りもそんなにがんばって勉強していないし、単位が取れればいいや〜と言ってだらけがちですが、それなら大学へ行く意味がありません。

後になってから親の心境がわかってきますね。笑



少なくとも卒業してから自信を持って他人に説明できる分野を1つでも身につけて卒業できたらかっこいいですよ!

大学生のときにやっておけば良かったと後悔していること:まとめ



今回の記事では「大学生のときにやっておけば良かったと後悔していること5選」を紹介しました。


今回の記事をまとめると以下の通り。

本記事の内容

  • 経験・知識・スキルになるバイトをやれば良かった
  • お金の勉強をすれば良かった
  • 大学以外の勉強をすれば良かった
  • 海外旅行をすれば良かった
  • 大学の勉強をすれば良かった



僕の場合、これらを改善するだけで大学生時代の満足度はほぼ100点になります。


人生最後の夏休みと言われる大学生ですが、その間に何もやらないとあとで絶対後悔します。


この記事を読んだあなたは後悔しないように、絶対に1つでも行動してください!


おわり。

TOEIC実力診断

自分の実力を知りたかったらこちらのアプリがおすすめ。→

AIから出題される10問ちょっとを解いて±20点の精度でスコアを診断できます。

もちろん無料なので気軽に挑戦してください。

note:おまけにぜひ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる