MENU
プロフィール

小山田雄貴

 もともと英語が苦手なメーカー勤務社会人▶︎TOEIC300→855点▶︎転職経験あり▶︎簿記3級▶︎統計検定3級▶︎Pythonエンジニア認定資格▶︎読書好き▶︎海外旅行好き
お問い合わせ

    20代で転職してみて人生が変わった3つこと【県内最大手からの転職】

    転職に成功してハッピーな男性

    ・実際に転職して人生がどれくらい変わるのか知りたい
    ・転職するのが不安で、実際に転職した人の体験談を聞きたい


    この記事を読むとこんな悩みを解決することができます。

    本記事の内容

    • 転職活動する前の状況(国内最大手企業)
    • 転職してみて人生が変わった3つこと
    • 転職をしてみて変わった人生観


    最近転職が当たり前の時代って言われてるけど、いざ自分が転職しようと思うと踏み出す勇気がない。。。


    僕も転職する前はこんな考え方でした。


    しかし、実際に勇気を出して転職してみて、人生が大きく変わりました。


    この記事では僕の体験をもとに、転職してみて大きく変わったことを解説していきます。具体的なこと3つと考え方もそれぞれ分けて説明します!

    転職しようか迷ってる人は最後まで読んでみてください。


    本記事の信頼性

    本記事では、僕が実際に社会人になって転職した経験をもとに解説していきます。
    体験談から話すので有益度は高いはず。ぜひ参考にしてみてください。



    それでは「転職活動する前の状況(県内最大手企業)」から解説していきます。


    ちなみに僕の転職活動をまとめた記事はこちらからどうぞ。

    目次

    転職活動する前の状況(県内最大手企業)

    雨の中傘をさしている女性



    初めに僕が前職で働いていた時の状況から紹介していきます。


    僕は県内で企業の売上が1番多い企業で働いていました。東証一部の会社で誰でも名前を知っていて、将来的にも安定してそうな業績でした。


    個人的にも辞めるのはもったいないかとしばらく考えましたが、転職に踏み切りました。

    親に転職することを言ったら、もったいないって言われました笑



    僕が転職しようと考えたのはこんな感じの職場だったから。

    • 納期に追われる日々で残業多め
    • 経験を重ねていくほど仕事量も残業量も増えていく
    • 上司がため息ばかり、仕事が辛そう



    僕の残業時間は毎月50時間くらい。


    世の中にはもっと残業してる人はいると思いますが、僕は当時25歳で、これがあと40年も続くと思ったらとても耐えられませんでした。


    しかも先輩や上司は7週連続休日出勤したり、サービス残業もやったりしていて、現状より辛くなっていくことを考えると仕事のモチベーションも上がりませんでした。

    昇進もしたくなかった。



    自分は仕事より家族や人生の充実感に時間を使いたかったので、入社4年目でそうそうに転職活動を開始。


    ただ人間関係が悪かったわけではなく、お世話になった人も尊敬できる先輩もいたので転職しようか真剣に悩みました。


    もちろん県内で1番大きい企業だったことも悩みの種でした。

    転職してみて人生変わった3つのこと

    ステップしている女性



    結論から言うと、僕が転職してみて人生が変わったことはこちらの3つ。

    • 残業時間が減ってストレスが激減した
    • 福利厚生が改善した
    • 仕事のモチベーションが上がった



    1つずつ解説していきます。

    残業時間が減ってストレスが激減した



    転職をしたおかげで残業時間が減って、ストレスが激減しました。


    もっとも僕が転職したかった1番の理由が、残業時間が多くて自分の時間がとれないことでした。


    もともと50時間以上あった残業時間が転職してから、20〜30時間程度になりました。


    ワークライフバランスを考えても、自分的には20〜30時間程度がちょうどいいので転職して良かったです。


    自分の時間が増え、今では筋トレが趣味になりました。笑

    福利厚生が改善した



    転職してから福利厚生が劇的に良くなりました。


    表で表すとこんな感じ。

    福利厚生現職前職
    交通費(距離は現職の方が近い)5,500円2,500円
    住宅補助8,000円0
    子供手当15,000円3,000円
    リフレッシュ休暇3〜5日なし




    一番びっくりしたのが交通費で、距離的には短くなっているのに倍以上増えました。笑


    僕は転職して基本給は変わらなかったので年収は変わらないくらいと思っていましたが、福利厚生を入れると話が変わってきます。



    子供が1人いると仮定すると福利厚生だけで毎月2万3千円もプラスになります。


    1つの会社だけにいると福利厚生が悪くても、それが当然と思ってしまうので、自分の会社の福利厚生をネットや友達の会社と比べてみるのもいいかもしれません。

    仕事のモチベーションが上がった



    残業も減って福利厚生もよくなったことで仕事のモチベーションが上がりました。


    大きかったのは残業が減って自由な時間が増えたことです。


    やっぱり仕事中心の人生は楽しくありません。(それでも1日のうち11時間くらいは会社にいますが、、、)


    特に若い20代の貴重な時間を無駄にしないように仕事より自分の時間を重視していきたいですね。

    転職してみて変わった人生観

    ボールの上に乗る女性



    実際に僕が転職してみて変わった人生観はこちら。

    • 転職は案外簡単
    • 我慢したまま仕事すると人生を無駄にする
    • 今よりもいい会社は必ずある



    それでは1つずつ解説していきます。

    転職は案外簡単



    転職は案外簡単です!笑


    僕も転職活動を始める前は、転職はなかなか決まらず難しいものだと思ってました。


    しかし、実際に活動してみると受けた企業は1つで、活動期間も1ヶ月半くらいです。(自慢)


    こんなにうまくいったケースは稀かと思うかもしれませんが、僕の友人も転職活動を始めて2ヶ月で内定をもらっていました。


    転職活動を始めてしまえば、意外とトント拍子で進んでいくので、まずは少しでも活動してみてください。


    転職活動を始めたからといって必ず転職しないといけないわけではないので、転職エージェントに登録して求人を見るだけでもOKです。

    我慢したまま仕事すると人生を無駄にする



    僕は転職して本当に良かったです。


    前職で働いていたときは、平日は自分の時間がほとんどなく、ストレスもかなり溜まっていました。

    会社の先輩とずっと愚痴を言ってました。



    仕事のストレスは残業時間だけではないと思いますが、何か不満があるまま我慢し続けると、人生を無駄にします。


    特に、僕はまだ20代だったので残り40年ストレスを抱えたまま働いていたら、どこかで体調を崩していたと思います。


    先ほども言いましたが転職は案外簡単なので、迷ってる人はチャレンジして欲しいです。

    今よりもいい会社は必ずある



    今働いている会社以外にも日本には264万個の会社が存在します。(法人に登録されている企業だけで)


    たった1つの会社でしか働いたことがない場合は、他の企業にも目を向けた方がいいです。


    例えるなら、たった一人としか付き合ったことがないという状況と似ていて、もっと自分に合っている人がいるかもしれないと考える人は多いですよね。


    実際に僕も前勤めていた会社よりも、今の会社の方が確実に合っていますし、他にももっと合っている会社もあると思います。


    ただ、1つの企業だけでしか働いたことがない人は、せめて転職の求人をみるとか、転職エージェントに話を聞いてもらうくらいした方がいいです。


    今の時代、1つの企業で盲目に働くことの方がリスクです。。。

    まとめ:20代で転職してみて人生が変わった3つこと



    今回の記事では20代で転職してみて人生が変わった3つことを紹介しました。


    今回紹介した内容はこちら。

    • 残業時間が減ってストレスが激減した
    • 福利厚生が改善した
    • 仕事のモチベーションが上がった



    何度も言いますが、転職は案外簡単ですし、今よりもいい会社は必ずあります。


    今の時代、転職をサポートしてくれる転職エージェントを無料で利用できるので、転職活動を始める人は必ず使いましょう。


    このタブを閉じれば確実に腰が重くなるので、今すぐ少しでも行動してみてください。



    TOEIC実力診断

    TOEICで自分の実力を知りたかったらこちらのアプリがおすすめ。→(iPhone)(Android)

    AIから出題される10問ちょっとを解いて±20点の精度でスコアを診断できます。

    もちろん無料なので気軽に挑戦してください。

    note:おまけにぜひ

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる