TOEIC700点に必要な勉強時間【最短で達成する方法も紹介】

・TOEICで700点を取るまでに何時間かかるか知りたい
・そのためにはどんな参考書や勉強法で勉強すればいいか知りたい


この記事を読むとこんな悩みを解決することができます。

本記事の内容

  • TOEIC700点のレベル
  • TOEIC700点を超えるための勉強時間
  • TOEIC700点までに使った参考書とかけた時間
  • 最短の勉強時間でTOEIC700点を目指すなら


この記事を読めばTOEICで700点を取るまでに必要な時間を知ることができて、今後の計画を立てやすくなります。


また、最短でTOEIC700点を達成する勉強法も紹介しているので、最短でTOEIC700点を取ることができます。

本記事の信頼性

本記事の信頼性


本記事では、僕が実際に6ヶ月でTOEIC300点から785点にあげた時の経験をもとに解説していきます。



体験談から解説していきますので、結構有益度は高いはず。ぜひ参考にしてみてください。

それでは「TOEIC700点のレベル」から紹介します。

目次

TOEIC700点のレベル

男性と女性がチェックしてる



僕はTOEIC300点から6ヶ月でTOEIC785点、さらにその3ヶ月後に855点を取りました。


実際に785点をとった時の点数配分はリスニング405点、リーディング380点でした。


そのときのリスニングとリーディングのレベルを紹介します。

TOEIC700点リスニングのレベル



TOEICが700点を超えたときのリスニングのレベルは、言っていることが8割わかるレベルでした。


実際にPart3や4の長文読解でも全部は聞き取れませんが、どんな場所で何が起こっているかはわかりました。


TOEICにおいてリスニングの点数は、何割聞き取れているかがそのまま点数になると言われています。


実際に僕も500点台の時は、5割くらいしか聞き取れませんでしたし、700点台の時も7割か8割くらいしか聞き取れませんでした。

TOEIC700点リーディングのレベル



TOEIC700点台のときのリーディングのレベルは、「基礎的で簡単な問題は確実に解くことができるが、少しひねってあると解けない」です。


TOEICの中にも簡単な問題と難しい問題がありますが、700点レベルだと簡単な問題はミスなく解けるレベルです。


しかし、ひっかけ問題や上級者でも間違える問題はまだまだ解けません。

TOEICのひっかけ問題はかなり上手く作られてます、、、



また、リスニングに比べて、自分の感覚と点数がかけ離れてしまうのがリーディングです。


8割くらい取れたと思っていても6割しか取れていない時や、逆に5割くらいだと思っていても7割取れている時もあります。

TOEIC700点を超えるための勉強時間

本を開く女性



結論から言うと、TOEIC300点から700点を超えるまでにかかった時間は、510時間です。


※正確に測っていたわけじゃないので、毎日の勉強時間から計算しました。


ここからは、どんな勉強に何時間かけて、どんな参考書を使っていたかを紹介します。

TOEIC700点を達成するまでの勉強時間と参考書

本の上で本を読む女性


僕が実際にやった勉強法はすごく単純です。

  • 1ヶ月目→単語帳・文法
  • 2ヶ月〜6ヶ月→公式問題集3冊をひたすら復習



これだけです!

詳しい内容と勉強時間を説明していきます。

TOEIC700点までの道のり:1ヶ月目→単語帳・文法


最初の1ヶ月目は、毎日2時間勉強していました。(計60時間)


やった内容は、いきなりTOEICの問題集を解くのではなく、最初は単語や文法の基礎を身につけました。

単語と文法の基礎ができていないと、点数の伸び幅は小さくなってしまいます。


土台ができてないと、公式問題集や模試を勉強したときの吸収率が段違いです。

最初の1ヶ月は、単語と文法をひたすら勉強したほうがあとで模試を解いた時に、吸収率が良くなり効率よく勉強することができます。

TOEIC700点のための単語の勉強


僕は最初の1ヶ月で金のフレーズという単語帳を20周しました。



この単語帳の勉強法は下の記事で紹介しています。

TOEIC700点のための文法の勉強



文法は、一億人の文法という本を2周しました。



学校などで配られる固い感じの文法書ではなく、イラストやデザインが良いのでかなりわかりやすいです。


※文法がすでに身についている方は、文法の勉強は飛ばしても構いませんが、TOEIC頻出の単語は覚えたほうが良いです。

TOEIC700点までの道のり:2ヶ月〜6ヶ月→ひたすら公式問題集



2ヶ月〜6ヶ月は、毎日3時間勉強していました。(計450時間)


1ヶ月目と足すと6ヶ月で510時間になります。


やっていた内容は、TOEICの試験に慣れるために、ひたすら公式問題集を解いて復習しました。

TOEIC700点のための公式問題集


TOEICの問題集なら公式問題集1択です。



TOEICは頻出の単語、文法があり、問題パターンも決まっているため本番に1番近い「公式問題集」を解きまくるのが1番の近道です。


僕は模試1回につき20回復習しました。


それを公式問題集3冊分なので、6回の模試を20回ずつ復習しました。

復習方法として精読→音読を勧めていますが詳しい方法は下記の記事で説明しています。


これを6つの模試、1200問やりきるとTOEICの単語や文法、問題の傾向をつかむことができ、TOEIC700点程度は取れます。


公式問題集の勉強方法も下の記事で紹介しています。



※ところどころ、苦手なパートがあったら追加でPart別の参考書を買うのもありです。

最短の勉強時間でTOEIC700点を目指すなら

理系大学生


僕がもう1度TOEIC855点を目指すならを利用します。


現在の環境なら最短最速でTOEICの点数を上げたいならスタディサプリ1択です。


独学だとどうしても遠回りしてしまうからです。


しかし、スタディサプリなら動画授業で先生がTOEICの点数をあげるコツを教えてくれます。

実際に僕も3ヶ月利用してTOEICの点数が725点から855点に上がりました。

実際に僕がスタサプを3ヶ月勉強した体験談はこちら


料金も月額2980円なので、1日に換算すると99円。


正直参考書を買うよりもコスパがいい勉強法です。


スタディサプリの詳しい内容や勉強法の記事はこちらで紹介しています。

| 無料で1週間試す⬇️ |

期間限定で割引キャンペーン実施中

まとめ:TOEIC700点に必要な勉強時間



今回の記事では「TOEIC700点に必要な勉強時間」を紹介しました。


内容をまとめると、

  • TOEICで700点を超えるには510時間かかった
  • 1ヶ月目は単語と文法をひたすら覚える
  • 2〜6ヶ月目は公式問題集3冊分をひたすら復習する



正しい勉強法でこれくらい勉強すれば、誰でもTOEIC700点は取ることができます。


ほとんどの人は、先が見えていないため500時間も勉強できず途中でやめてしまいますが、ある程度必要な勉強時間を知っていれば、計画を立てて継続することができるはずです。



おわり。

note:おまけにぜひ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる