dive into code|Pythonの無料学習サイトの評判と感想

・Pythonを勉強したいが何から始めていいかわからない
・最初は無料でpythonの勉強を始めたい
・dive into codeってどんなコースがあるの?本当に無料?


この記事を読むとこんな悩みを解決することができます。

本記事の内容

  • dive into codeの評判・メリット・デメリット
  • dive into codeのPythonコースを実際に体験した感想
  • dive into codeをやり終わった後の次のステップ


僕はdive into codeのPythonコースを2周やりました!



本記事では、僕が実際にdive into codeでPython講座を体験した時の経験をもとに解説していきます。※筆者はその後、Pythonエンジニア認定試験に合格しました



体験談から解説していきますので、結構有益度は高いはず。ぜひ参考にしてみてください。

それでは、「dive into code|Pythonの無料学習サイトの評判と感想」を紹介します。


👉の詳細はこちらから

目次

dive into codeとは   



dive into codeは、エンジニア業界で人気のプログラミングスクールです。


受験できるコースは大きく分けて、

  • Webエンジニアコース
  • 機械学習エンジニアコース



があり、就職までサポートしてくれるかなり手厚いプログラミングスクールです。


特に、機械学習エンジニアの就職までサポートしてくれる企業はかなり少ないので貴重な企業です。


👉の詳細はこちらから


今後AIブームがさらに加速するため、もっと伸びそうですね

dive into codeのPython無料学習コース



今回紹介するのは、dive into codeの「Python基礎文法」コースです。


dive into codeのPython基礎文法コースでは以下の内容を学ぶことができます。

  • 簡単な計算
  • 数値型の変数
  • テキストデータ
  • リストとタプル
  • 条件分岐
  • 繰り返し処理(while~文)
  • 関数



Pythonの基礎を網羅できていますね!


1周する目安は、3〜4時間です。


何周もする必要はないので、多くて3周くらいすれば十分です。



👉dive into codeのPython基礎文法コースはこちらから



それでは、dive into code「Python基礎文法」コースのメリット・デメリットをみていきましょう。

dive into code「Python基礎文法」コースのメリット



dive into codeのメリットはこれです。

  • 超初心者向け
  • 「Pyhton基礎文法」コースは完全に無料
  • RubyやHTML・CSSコースなども無料で受けられる


初心者向け



数あるPythonの学習サイトの中でも、初心者に優しく、基礎から学べるのがdive into codeです。


プログラミング経験者ならPythonに関する事前の知識もいらず、誰でも学び始めることができます。



また、独自の環境構築を行っているため、事前準備がいらず、とても親切でわかりやすくなっています。


「Python基礎文法」コースは完全に無料



dive into code「Python基礎文法」コースは完全に無料です。


Progateとかだと、Python入門コースは、5つのレッスンのうち無料なのは最初の1つだけです。


Progateは、5つのレッスンに980円かかりますが、dive into codeは完全に無料です。


両方やって見て、内容もレベルも同じくらいだと感じるので、無料がいいならdive into codeでPythonを始めるのをオススメします。

dive into code「Python基礎文法」コースのデメリット


dive into codeのデメリットはこれです。

  • 超初心者向け



これはメリットでもありデメリットでもあります。

超初心者向け



良くも悪くもdive into codeは超初心者向けです。


つまり、中級者には向いていません。


dive into codeでPythonを学んだからといって、実務で使えるレベルにはなりませんし、エンジニアとして稼ぐこともできません。


あくまで、初心者の方にオススメしています!


しかし、dive into codeの有料プログラムコースはAIエンジニアを目指すコースなので、おすすめ。
👉の詳細はこちらから

dive into codeのPython基礎文法コースを実際に体験した感想



ここからは、僕が実際にPython基礎文法コースを体験した感想を紹介したいと思います。


  • Pythonの基礎を確実に抑えることができる
  • ちょっとずつやると身につかない危険性がある



それでは紹介します。


Pythonの基礎を確実に抑えることができる



dive into codeでPython基礎文法コースを一周やれば、確実に基礎を身につけることができます。


先ほど紹介したように、4時間の量が57つの単元に別れているため、初心者でも絶対につまずかないように作られていると感じました。


ProgateやAidemyと比べるとほんのちょっぴり難しい


dive into code のPython基礎文法コースは、Python初心者に向けて作られていますが、当時の僕はほんのちょっぴり難しいと感じました。


本当にちょっぴりですよ!!笑



ほかのPythonの無料学習サイトとしてProgateやAidemyがありますが、イラストや専門用語使わないようにしているため、超初心者でも大丈夫です。


しかし、Pythonの超初心者がdive into codeのPython基礎文法コースをやると難しいと感じるかもしれません。


プログラミング経験者ならもちろん余裕だと思います!


ProgateのPython入門コースは以下の記事で紹介しています。


AidemyのPython入門コースは以下の記事で紹介しています。

dive into codeをやり終わった後の次のステップ



Progateをやり終えた次のステップとして、下の2点紹介します。

  • PyQオンライン学習サービス
  • Udemyオンライン学習サービス



PyQオンライン学習サービス


は、株式会社BeProudが提供する、Pythonのオンラインプログラミング学習サービスです。


PyQはPythonに特化している数少ない学習サービスです。

実は、BeProudさんは一般社団法人の「Pythonエンジニア育成推進協会」に推薦されている企業で、


実際に、機械学習の開発もしている企業です。


なので、学習内容の信頼はとても高いことがわかります。


PyQのメリットは、

  • 月2980円でPythonの基礎を全て網羅されている
  • 教材量が豊富なのにコスパが良すぎる



これに尽きます。


詳しくは、こちらを確認ください。→

Udemyオンライン学習サービス


は、世界最大級のオンライン学習できるサービスです。

プログラミングや英語学習など10万以上の種類の講座を、PCだけじゃなくスマホでも学べます。

現在、ベネッセと業務連携しているため、最近日本でも浸透してきています。


もちろんPythonの講座も多く存在し、「Python」で検索すると2742個の講座がヒットしました。


特徴とメリットは以下の通り↓

  • 講座は全て動画学習で、どこでも再生可能
  • わからないところは質問ができる
  • 基本的に30日保証がある



詳しくは、こちらを確認してみてください。→

まとめ



今回の記事では、「dive into code|Python無料学習サイトの評判と感想」を紹介しました。

大事なことは、以下の3点です。

  • dive into codeはPython初心者向けでかなりわかりやすい。
  • 反面、中級者以上には向いてない
  • もっとPythonを勉強したければがおすすめ



Pythonを全く触ったことがない人は、ぜひdive into codeから始めてみてください!


かなりわかりやすいですよ!

では、また!!

TOEIC実力診断

自分の実力を知りたかったらこちらのアプリがおすすめ。→

AIから出題される10問ちょっとを解いて±20点の精度でスコアを診断できます。

もちろん無料なので気軽に挑戦してください。

note:おまけにぜひ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる