プロ野球を見るためにDAZNを3年間使ってみた感想と注意点

DAZNを3年間使ってみた感想



プロ野球を視聴できるサービスとして1番人気の

近年プロ野球を見るためのさまざまなサービスが乱立していますが、僕は「DAZN」を選びました。


しかし、プロ野球を視聴する全員が「DAZN」にするべきではなく、注意点もあります。しっかり判断しないと損をする可能性も、、、


この記事では、僕が実際にDAZNを3年間使った経験を元に感想やメリット・デメリット・注意点を紹介します。

本記事の内容

  • DAZNの特徴
  • 他のプロ野球視聴サービスとの比較
  • DANZで3年間プロ野球をみた感想
  • DAZNでプロ野球を見る上での注意点


・DAZNでプロ野球をみたいけど、使ってみた人の感想を知りたい
・他社サービスとの違いは?
・DAZNのメリット・デメリット・注意点を知りたい


この記事を読めばこんな悩みを解決することができます。最後まで読むとDAZNの全てを知ることができます。

最後まで読んでみてね!

| 無料で1ヶ月試す⬇️ |

簡単に退会できるよ

目次

DAZNの特徴

DAZN


は2016年にサービスが開始した定額制動画配信サービスです。同じく定額制動画配信サービスには、「hulu」や「U-NEXT」なんかがあります。


主にスポーツに関する動画を配信していて、2020年12月1日から世界200以上の国と地域でサービスを開始しています。

DAZNが配信しているスポーツ競技


2021年現在、配信している競技はこちら。


DAZNに登録するだけで、プロ野球だけでなく他のスポーツの配信も見放題です。

スポーツ好きにはたまらない

DAZNの料金


こちらがの料金プランです。DAZNにはさまざまなセット割や割引プランが用意されています。

プラン料金
DAZN月額1750円
DAZN for docomo月額980円
DAZN dTV月額2050円
DAZN ひかりTV for docomo月額3280円
DAZN 年間視聴パス年額1万9250円(実質11カ月分の料金)

他にも細かいプランがありますが、使っている人はほとんどいないので割愛します。


プランはこれだけありますが、実際に皆さんに関係あるのは「DAZN月額1750円」か「DAZN for docomo月額950円」だと思います。


僕はdocomoユーザーではなかったので、基本プランの月額1750円に加入していました。

| 無料で1ヶ月試す⬇️ |

簡単に退会できるよ

他のプロ野球視聴サービスとの比較

テキスト


ここからはと他のプロ野球視聴サービスを比べていきます。


DAZN以外の主なプロ野球視聴サービスはこちら。

  • スカパープロ野球セット
  • パリーグTV
  • ニコニコ生放送
  • Rakuten パ・リーグ
  • hulu


それぞれに料金・みれる球団・視聴デバイスが異なるので表にしてみていきます。

スクロールできます
サービス名月額料金みれる球団視聴デバイス
1750円広島以外11球団スマホ・タブレット・PC・TV
スカパープロ野球セット4075円12球団TV
パリーグTV1450円パリーグ6球団スマホ・タブレット・PC
ニコニコ生放送500円横浜DeNAのみスマホ・タブレット・PC・TV
Rakuten パ・リーグ639円パリーグ主催試合スマホ・タブレット・PC・TV
hulu980円巨人主催試合スマホ・タブレット・PC・TV


これを見ると広島ファンはスカパープロ野球セット1択ですが、料金がかなり高いですよね。。。(しかも視聴デバイスがTVのみ)


他のサービスもパリーグのみしか見れなかったり、TVで見れなかったりするので、総合的にはDAZNが一番コスパがいいです。

DANZで3年間プロ野球をみた感想

ロケットの横に座る男性


実際に僕がを3年使ってみて、感じたことはこちら。

DAZNを3年間使ってみた感想
  • いろんなデバイスで視聴できるのが良い
  • 同時接続を使えば家族で共有できる
  • 1ヶ月無料期間が最高
  • 見逃し配信がめちゃ使える



それぞれ解説していきます。

いろんなデバイスで視聴できるのが良い



はスマホ・タブレット・PC・TVどれでも見ることができるのがかなりでかい。


テレビでみていてお風呂に入りたくなっても、お風呂にスマホを持っていってみれるし、テレビで家族が他の番組をみていてもPCでみれます。


視聴デバイスが多様なことから、各家庭の状況に合わせて視聴できるので融通が効きまくり。

外出先でもみれます



※テレビでDAZNをみるならAmazonfireTVが必要です。

同時接続を使えば家族で共有できる


DAZNは1つのアカウントで同時視聴が2台まで可能です。


そのため、家族や友達とアカウント(メールアドレスとパスワード)を共有すれば、月額1750円で2人楽しめます。


実際に僕の家族に他球団のファンがいるので、自分はTVでみて、家族はPCでみる。といった形式を取っているので節約になります。


このシステムはかなり強力です。僕の場合、料金の半分は家族に出してもらってるので、実質900円くらいしか払っていません。

ちなみに僕はソフトバンクファンです。

1ヶ月無料期間が最高

・でもちゃんとみれるかわからない
・画質とかラグが心配


そんな方も安心してください。DAZNは1ヶ月無料でみることができます。


気に入らなかったら退会すれば料金0です。


「まあ、無料だし」ぐらいの気持ちで試してみるのもあり。

見逃し配信がめちゃ使える


DAZNは1週間分くらいの見逃し配信があります。試合を早送りしたり、巻き戻したりもできます。


この機能によってできることはこちら。

  • 忙しくて試合見れなかった!ってときも大丈夫
  • 昼間にやってるメジャーリーグの試合を見たいもOK
  • 試合中にさっきのシーンもう一回見たい!にも対応可能



僕的に一番ありがたかったのは、「試合中にさっきのシーンもう一回見たい!」って時に巻き戻して見れることです。


柳田のホームランや今宮のファインプレーを巻き戻して見てました。笑

ダイジェストを待たなくてもOK

| 無料で1ヶ月試す⬇️ |

簡単に退会できるよ

DAZNでプロ野球を見る上での注意点

チェックする男性と女性



ここまでの良いとこを紹介してきましたが、もちろん注意点もあります。


僕が3年間DAZNを使ってみて感じた注意点はこちら。

  • シーズンオフはきちんと退会しよう
  • 日本シリーズとオールスターは見れない
  • Wi-Fiがないと容量が足りなくなる


1つずつ簡単に紹介していきます。

シーズンオフはきちんと退会しよう


プロ野球だけを利用したい場合は、シーズンオフになったら退会することを忘れないようにしましょう。


プロ野球のシーズンは基本的に4月〜10月なので、7ヶ月。この期間だけ契約すれば1750円×7ヶ月。


残りの5ヶ月は試合がないので、退会すればOK。

忘れると損ですよ。

日本シリーズとオールスターは見れない


DAZNは「日本シリーズ」と「オールスター」は見れません。


しかし日本シリーズとオールスターはテレビ中継があるため、問題ない人がほとんどだと思います。


ただし最近ではテレビを持たない人も増えてきてるので、当てはまる人は注意してください。

ミニマリストや現代っ子はテレビ持ってない人も多いですね。

Wi-Fiがないと容量が足りなくなる


家にWi-Fiがあって、家でDAZNを視聴すれば何も問題ないですが、Wi-Fiのない環境でDAZNをみるときは注意が必要です。


僕も仕事でホテルで泊まっているときにDAZNで試合をみたら、1試合で1Gくらい使ってしまいました。


その時は月5Gの契約だったので、焦りました。


対策案としてはポケットWi-Fiを使うことくらいですね。

家にWi-Fiがあれば問題なし

結論:DAZNでプロ野球をみるのが一番コスパがいい


プロ野球をどのサービスでみようか迷っている人はがおすすめ。


DAZNを3年間つかった感想と注意点はこちら。

DAZNを3年間使った感想

  • いろんなデバイスで視聴できるのが良い
  • 同時接続を使えば家族で共有できる
  • 1ヶ月無料期間が最高
  • 見逃し配信がめちゃ使える

DAZNの注意点

  • シーズンオフはきちんと退会しよう
  • 日本シリーズとオールスターは見れない
  • Wi-Fiがないと容量が足りなくなる


注意点に気をつければ、DAZNは快適に使えます。


実際僕も注意点を守って特にDAZNに不満はありません。


DAZNは1ヶ月無料なので、とりあえず試してみて退会するのもあり。


DAZN公式HPはこちらから。👉


おわり。

TOEIC実力診断

自分の実力を知りたかったらこちらのアプリがおすすめ。→(iPhone)(Android)

AIから出題される10問ちょっとを解いて±20点の精度でスコアを診断できます。

もちろん無料なので気軽に挑戦してください。

note:おまけにぜひ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる